よくあるご質問(特別会員)

よく頂くご質問について、お答えいたします。

互助会全般

A1. 広報誌「かわら版」に記載されています。かわら版が手元にない場合は特別会員番号をお聞きし会員であることが確認できましたら、回答しますので電話の前にご自身の特別会員番号をご確認ください。

A2. 公立学校共済組合にお問い合わせください。

A3. 年金の手続きの書類ですので、教職員互助会ではなく公立学校共済組合にお問い合わせください。

A4. 互助会では駐車場の用意はありません。お近くの有料駐車場をご利用ください。

このページのトップに戻る

生きがい事業

A1. 年度間(4月~翌年3月)で3泊です。 3泊を超えて使用した場合は返納いただくことになりますので、ご注意ください。

A2. 「指定宿泊施設利用補助券(特別会員用)」は、現職会員とは異なり、特別会員と認定配偶者のみが補助の対象です。それ以外の家族は使用できませんので、ご注意ください。

A3. 8社が団体扱自動車保険を取り扱っております。詳しくは、こちらをご覧ください。

A4. 特別会員とその家族を対象とした健康や介護について、各専門のドクター及びヘルスカウンセラー等が相談に応じております。ティーペック株式会社 0120-034-828年中無休24時間体制 通話料無料です。

このページのトップに戻る

医療費給付金

A1. 「医療費給付金請求書(別記様式1)」をお電話で互助会からお取り寄せください。(互助会のホームページからダウンロードもできます。)請求書作成にあたっての注意事項や、記入例も同封いたしますので参考にしてください。

A2. 「医療費給付金請求書(別記様式1)」の受付は、月の10日(土・日・休日の場合は前営業日)が締切りです。療養月の翌月から受付をし、10日までに受付たものを、その翌月10日(金融機関休業日の場合はその翌営業日)に、登録している金融機関に送金します。給付が決定しましたら「給付決定通知書」を送付しますので、ご確認ください。 締切りの「月の10日」とは、互助会に届いた日です。締切後に受付たものは、翌々月に送金します。

A3. 任意継続期間中も互助会の医療費給付を受けることができます。

A4. 「特別会員(配偶者)加入等申込書」によりお届けいただいた口座です。登録口座を変更されるときは、「特別会員等変更事項届(別記様式5)」をお電話で互助会からお取り寄せください。(互助会のホームページ内特別会員専用ページからダウンロードもできます。)

A5. 医療機関で支払った金額と一致しないため、領収書の代わりにはなりません。

A6. 医療費の請求は、支払った月ではなく、診療を受けた月ごとになります。この場合、1月と2月に分け医療費給付金請求書を作成してください。

このページのトップに戻る

その他

A1. 「特別会員等変更事項届(別記様式5)」をお電話で互助会からお取り寄せください。(互助会のホームページ内特別会員専用ページからダウンロードもできます。) 転居先不明になりますと、大切な事業のご案内ができなくなるため、今後の給付等の受給や平成22年度以前に加入された会員の預託金返還に支障がありますので、転居された際には必ず互助会へお届けくださいますようよろしくお願いします。

A2. 特別会員が亡くなられても、認定配偶者の資格は継続することができます。関係書類をお送りしますので互助会へお電話してください。

このページのトップに戻る