アンケート調査実施結果の概要

当会は、平成28年度に設立40周年を迎えると同時に、平成23年度の事業見直し及び法人合併から5年を経過し、平成25年の一般財団法人移行から3年が経過しました。このようなことから、改めて事業の実施状況を分析し、会員のニーズに応じた効果的な事業を推進するため、平成28年9月に現職会員の10%に相当する4,589人を対象にアンケート調査を実施しました。

調査結果の概要は、下記のとおりです。

調査内容

◇年代別、男女別、配偶者の有無、被扶養者の有無、へき地・非へき地の状況について調査しました。

◇既存の事業について、それぞれ「1 充実してほしい」「2 継続してほしい」「3 縮小又は廃止してもよい」のいずれかを選択する方法で調査しました。また、既存事業に対する意見・要望等を記述式で聴取 しました。

◇既存事業以外に今後新たに取り組んでほしいことなどについて記述式で意見等を聴取しました。

◇特別会員事業について、特別会員事業を知っているか、退職後の加入の意思、加入する・しないと回答した理由を調査しました。また、特別会員事業に対する意見・要望等を記述式で聴取しました。

依頼数と回収数の概要

《会員》 (人)
依頼数 4,589
回収数 3,299
回収率 71.7%
《所属》 (校)
所属数 246
回収数 225
回収率 91.5%
《地域》 (人)
非へき地 2,354
へき地1.2級 888
へき地3.4.5級 57

会員に関する事項について

問1 年齢 (人)
30歳未満 30歳〜40歳 40歳〜50歳 50歳以上 不  明 合  計
347 666 1,227 1,057 3,299
問2 性別 (人)
男性 女性 不明 合計
2,023 1,275 3,229
問3 配偶者の有無 (人)
あり なし 不明 合計
2,323 974 3,299
問4 被扶養者の有無 (人)
あり なし 不明 合計
1,607 1,686 3,299

このページのトップに戻る

調査結果

  • 1 既存の事業について(別紙資料〜アンケート調査集計表pdf参照)
    • (1)充実を期待する事業としては、「健康管理」「指定宿泊施設利用補助」が多く、次いで「入院見舞金」「介護休業補助金」「介護給付金」「災害見舞金」等となっており、指定宿泊施設利用補助の拡大のほか、入院や介護、健康の保持増進の事業の充実を期待する回答が多く見られました。
    • (2)縮小又は廃止してもよい事業としては、「健康推進」「地区別レクリエーション」「北海道教職員体育大会」が多く、次いで「相談事業」「セカンドライフ支援金」との回答がありました。
    • (3)特別会員事業について、「知っている」と回答した割合は約33%で、年代が上昇するにつれ割合が高 まっていますが、50歳以上でも約51%に止まり、また、「加入」の意思について、「加入したい」が 25%で、その内50歳以上が32%を占め、全体の62%が「わからない」と回答しました。
  • 2 既存事業に対する意見・要望等について
    • アンケート調査の回答者3,299人の中から308件の意見や要望が寄せられましたが、その内容は多岐にわたり様々であることから、比較的多く寄せられた意見や要望について、その一部を掲載します。

    • (1)給付事業について(180件)
      • ◇出産、子育て、次世代育成に関する事業の充実を図ってほしい。(15件)
      • ◇結婚祝金について、継続やより充実を望む。(7件)
      • ◇結婚祝金の回数制限や結婚しなかった会員への還元を考えてほしい。(4件)
      • ◇介護に関わる給付をより充実してほしい。(5件)
      • ◇入学祝金を中学卒業以降に拡大してほしい。(2件)
      • ◇夫婦で会員の場合や被扶養者ではない場合、入学祝金が出ないのはおかしい。(3件)
      • ◇へき地医療交通費補助金について、勤務地と居住地によって不公平感があり、見直すべきである。(6件)
    • (2)貸付事業について(5件)
      • ◇貸付金の金利を低くしてほしい。(4件)
    • (3)福祉事業について(115件)
      • ◇指定宿泊施設利用補助の泊数、補助額、宿泊施設等を増やしてほしい。(55件)
      • ◇北海道教職員体育大会の継続を望む(8件)
      • ◇北海道教職員体育大会は廃止してもよい。(6件)
      • ◇地区別レクリエーションは、参加者の減少や会員の負担増にもなっているので廃止してもよい。(17件)
      • ◇健康推進の「チャレンジ〇〇〇」は不要。廃止を。(2件)
      • ◇人間ドックの年齢の拡大や補助金の増額を望む。(8件)
    • (4)団体保険等(6件)
      • ◇団体保険事業の簡素化や特色の検討。
    • (5)その他
      • ◇ふと気づいた時にありがたみを感じる。現状維持を。(18件)
      • ◇より充実を。(18件)
      • ◇給付事業の縮小、見直し。(19件)
      • ◇既婚者と未婚者、夫婦で会員の場合、若年層への給付等の差が大きく感じられ、不公平に思う。(10件)
      • ◇広報誌について、紙質やカラー印刷、発行回数などを縮小し、費用を節約してほしい。(9件)
      • ◇会費が高いのに、事業内容や金額が縮小されていく。還元されている実感がない。(8件)
  • 3 新しい取組について
    • アンケート調査の回答者3.299人の中から103件の意見や要望が寄せられましたが、その内容は多岐にわたり様々であることから、比較的多く寄せられた意見や要望について、その一部を掲載します。

      • ◇スポーツ観戦、レジャー施設、美術館、スポーツクラブ、各種研修の参加などの補助や優待、参加しやすい環境の整備。(16件)
      • ◇出産、育児、就学に関わる事業の充実を。(11件)
      • ◇高齢化、医療、介護に関する事業の充実を。(8件)
      • ◇若年層への事業の充実。(5件)
      • ◇既存事業の精選を。必要な事業の充実。(22件)
      • ◇現状維持を。(11件)
      • ◇宿泊施設利用補助、宿泊施設の拡大、充実を。(5件)
      • ◇その他
        • ITC購入補助 福祉預金の復活 車修理の貸付 勤続年数の節目に祝金など支給 各種給付の増額 より有利な利率での貸付
        • 養子縁組の祝金 ジャージ、シューズ、水着、スキー等、購入の補助 異動の際や非利便地に対する給付 交通安全奨励金
        • 遠隔地への帰省補助 互助会の運営費、人件費の節約 会費の軽減 等
  • 4 その他(特別会員事業について)
    • (1)特別会員制度について
    • (人)
      知っているか 加入の意思 加入したい理由 加入しない理由
      知っている 知らない 加入したい 加入しない わからない 加入時資金 その他 資金が高い 事業少ない その他
      1,087 2,184 826 377 2,059 814 9 157 175 28
    • (2)特別会員事業に対する意見・要望等
      • アンケート調査の回答者3,299人の中から79件の意見や要望が寄せられましたが、その内容は多岐にわたり様々であることから、比較的多く寄せられた意見や要望について、その一部を掲載します。
      • ◇退職後も充実した生活が送れるように事業を継続、充実してほしい。(10件)
      • ◇生きがい事業の支部活動やレクリエーションは縮小又は廃止してもよい。
      • 代わりに医療費や人間ドックなどの健康維持を充実させてほしい。(6件)
      • ◇事業の内容がよく分からない。詳しい説明や資料がほしい。(21件)
      • ◇メリットが少なく、必要性を感じない。(12件)
      • ◇加入資金が高い。(7件)

このページのトップに戻る