新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による入院見舞金及びへき地医療交通費補助金の取扱いについて

1 入院見舞金について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による宿泊療養及び自宅療養は、給付事業処理要領第5の1(1)に規定する「入院」に含めて取扱います。
 この場合の給付の算定は、医療機関・保健所等が発行する「宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)」等によるものとします。
 また、自宅療養期間が政府の見直しにより、10日間から7日間へと変更されたことに伴い、令和4年9月7日以降の入院見舞金(My HER-SYSによる請求)の算定は、7日以内となります。
 なお、令和4年9月26日以降、医療機関・保健所等が発行する証明書類、「宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)」、「My HER-SYS」等が発行されない場合は給付対象となりませんのでご注意ください。
(検査結果報告書や検査結果照会などを証明書の代用としてのご請求はできませんのでご注意ください。)

2 へき地医療交通費補助金について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による宿泊療養(自宅療養は除く。)は、給付事務処理要領第6の1(3)に規定する「医療」に含めて取り扱います。この場合、医療機関・保健所等の証明は「宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用)」、「入院勧告書」等によるものとします。

担当:給付貸付グループ

「お知らせ」トップページに戻る